読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慰安婦問題を考える 新座で23日までパネルや写真展示

2015年8月20日 東京新聞 

http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20150820/CK2015082002000160.html

 

慰安婦問題に関するパネルを見る来場者=新座市

写真

 慰安婦問題をテーマにした「戦後七十年フォーラム 女性の人権と平和を求めて」が十九日、新座市生涯学習センター(同市東北二)で始まった。二十三日まで。入場無料。

 同市の市民団体「にいざジェンダー平等ネットワーク」と「働く女性の会」が初めて企画。東京都新宿区の「女たちの戦争と平和資料館」(wam)が制作した慰安婦問題に関する中学生向けのパネル十三枚や、支援者として元慰安婦を撮影している信川美津子さん=草加市=の写真二十六点を展示している。

 来場者によるトークイベント(二十一日午後二時から)、信川さんの講演(二十二日午後二時から)、元慰安婦の支援活動をする大森典子弁護士の講演(二十三日午後二時から)もある。

 中学生向けのパネルをめぐっては、にいざジェンダー平等ネットワークが今年三~四月に市施設「ふるさと新座館」のロビーで展示しようとしたところ、市教育委員会が拒否した経緯がある。同ネットワーク共同代表の谷森桜子さんは「今回の展示で多くの人に見てもらえれば」と話している。 (服部展和)