読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンキョーが草加市と災害時協定を締結

2014/04/15 @グリーンべると http://www.adcircle.co.jp/greenbelt/news/contents/6349.html

 

首都圏を中心にチェーン展開するサンキョー(阿部恭久社長)は4月9日、埼玉県草加市との間で「災害時における一時的な避難場所等に関する協定」を締結した。

 水害や災害が発生した時に、草加市松江にあるパチンコ店「SAP草加店」の立体駐車場(収容台数900台)を車両等の一時避難場所として提供するほか、併設するSAP草加ボウル店と回転寿司かいおうSAP草加店の店舗休憩スペースを一時避難した地域住民に開放し、飲料水等を提供する。また、同施設をバリケードや土のう等の備蓄場所としても提供する。

 草加市では、平成3年に綾瀬川が氾濫、平成25年の台風26号の大雨時には松江・稲荷地域に浸水被害が発生していた。サンキョーでは以前から市に対して災害時の協力を申し出ていた。今回、施設提供としては初の協定締結となり、今後起こりうる台風の大雨やゲリラ豪雨等の被害軽減に備える。