小川市議、「居住実態なし」で失職へ 市税滞納・差押え~税で税を払う不合理

2016.8.22(月)

東埼玉新聞-公式ページ


 5月31日に住民票の削除を受けた小川利八市議(49)=8月18日に草加新政議員団を離脱し無所属=の議員資格の有無を審査していた草加市議会資格審査特別委員会(浅井昌志委員長、百条委員会)は8月19日、「市内に居住実態があると認められず、議員資格を有しない」と決定した。 

小川利八市議
 会社役員。元川柳小・青柳中PTA会長。濱田卓二郎衆議院議員秘書を経て、1998年補選で市議初当選し、連続5回当選。副議長のほか総務文教・建設の各常任委員長、決算・予算の各特別委員長を歴任
 9月1日に開会する9月定例市議会に諮り、出席議員の3分の2以上が賛成すれば直ちに失職する。委員会の採決では4会派すべてが賛成しており、本会議で議決されるのはほぼ確実な見通しだ。小川市議は失職後、決定を不服として21日以内に埼玉県知事に審査申立てができる。議員資格 公職選挙法市議の被選挙権は市内に住民登録がある者と規定している。

証人尋問…本人は異例の4回、父親と長男も
特別委員会は、小川市議が初めに同市青柳の借家を退去した5月7日から同市北谷にある父親のアパートに同居していると証言したことから、ここでの居住実態を中心に調査した(同所に6月1日住民登録している)。証人として小川市議(4回)、小川市議父親と長男、市の市民課長、借家を管理する不動産会社の担当者を呼び尋問した。現地調査はアパートなど3回実施。また、小川市議から居住実態を示す電気・ガス・水道の使用量の記録の提出を受け、委員からは居住に関わる資料が提供された。
本人の証人尋問が異例の4回を数えた。記録の提出延期や証言の食い違いなどを埋めるため「丁寧な審査」を進めたため。

証言の訂正で攻防…あわや証言拒否、偽証の疑いで告発へ
 小川市議は、当初「5月7日以来、市内北谷のアパートで寝起きしていた。5月中は知人宅やサウナに4、5日泊まった」と証言していたが、8月15日に文書で「5月当初より、1か月余り、北谷と知人宅の柿木町に滞在しておりましたが、知人に迷惑が掛かることを考え、北谷に滞在と証言したことをおわびし、訂正したい」と証言の訂正を申し出た。討論・採決を予定していた8月17日の委員会は、急きょ小川市議の証人尋問に変更し、討論・採決を19日に延期した。
 証人尋問で小川市議は改めて訂正について証言した。柿木町の知人については住所、氏名を明らかにしない条件で訂正に踏み切ったと説明したが、「どこの誰かもわからないで信用できない」と委員は納得せず、証言拒否に値すると指摘。休憩後、小川氏は家族ぐるみの付合いがある女性宅を具体的に示した。
証言の訂正は、従前の証言「5月7日以降は北谷に居た」が虚偽だったことを自白したもので、委員会は重要な事実を偽証したと受け止め告発することを決めた。

5月は半分以下の日数しか北谷に泊まっていない
 この日の証言で柿木町の知人宅に10日ほど泊まったことが判明した。「滞在」の文言が問題になったが、「連続して泊まったわけではない」と証言。委員長の主尋問「生活の拠点は北谷か」との主尋問に「住民票を置いてあるので、一応北谷に居るという認識はあります」と証言、北谷と柿木町のどちらとも取れる言い回しだった。
 小川市議が5月中に北谷のアパートに寝泊まりしたのは、知人宅やサウナの外泊4~5日と柿木町の知人宅宿泊10日を除くと、25日のうち9~10日しかない。委員の一人は「柿木町に連続して泊まっていないけど、北谷にも連続して泊まっていない。どちらも生活の拠点にならない」と討論で断じた。

単身から2人暮らしになったのに水道使用量は減る一方
 小川議員の北谷のアパートにおける居住は、「5月初めから居る。朝、(ロフトに寝ているため)顔は見てないがいつもの靴があるので居ると思う」という父親の証言(7月20日)しかない。
 居住の指標となる水道使用量は5、6月分が17㎥で前年同期及び同居直前の3、4月分に比べ、ともに3㎥減少。7、8月分の使用量は15㎥とさらに減っている。父子とも炊事をせず、風呂を使わずシャワーで済ます生活だと証言しているが、6~8月は小川議員が外泊せず、週3回のシャワー(小川市議証言)使用を考えると解せない数字である。電気・ガスの使用量は、5月分でどちらも前年同月を下回っている。
 2人暮らしの居住実態が客観的資料に反映されていない。

1週間、ロフト用はしごは窓に立て掛けてあった

 一方、駐車場の使用実績は、車を使う日常生活では重要な指標だが、小川市議は月極め駐車場を借りておらず、主にコインパーキングを利用している。一部の領収書が示されたが、積極的に提示する努力が見られなかった。提示された日以外は北谷のアパートに帰らなかったと判断されても仕方がない。
 7月中旬の連続1週間、アパートを視察した資料が委員会に提出された。小川市議の帰宅は午前零時前後という証言があり、委員の1人が午前1時~3時にアパートを視察したところ、寝場所であるロフトに上がるためのはしごが毎晩窓に立て掛けたままになっていた。寝た後に移動することは考えられず、この間は帰宅していなかったと思われる。同期間中、本人がアパート周辺駐車場に駐車した様子がないことも視察している。
 小川市議は6月以降の外泊は示しておらず、この資料からは居住実態がないことの一部が強く窺える。

発端は単純…期末手当の支給基準日までに住所確定が必要だった
 草加市議の1人は「こんな大ごとに発展するとは思わなかった」という。と言うのは「実は、6月の期末手当の支給基準日である6月1日までに住所をはっきりさせて欲しかっただけですよ」。小川議員が借家を家賃滞納で退去させられたことを知り、議員仲間は(議会事務局も)、「住所不定」で支給されなくなる恐れを心配したのだ。もちろん電話とFAXという議員の連絡手段もキチンとして欲しかったことも確か。
 ところが、小川市議はチャランポランで、新住所が二転三転する有様。最後は名義借りみたいに弟の住所で登録し、5月31日の住民票職権消除に至ってしまう。翌日、父親が住む北谷のワンルームアパートに異動届を出して受理された。その結果、期末手当約114万円は小川議員にも支給された。
 住家を失うという異常事態だからこそ、法と良心に基づく行動をすれば議員としての信頼を得たはず。小川議員は特別委員会で「川柳、青柳地区にこだわり、軽い判断でやってしまった」「初めから北谷にすればよかった」と証言したが、冗談ではない。この世の中をナメタ「軽い判断」が大ごとにした原因であり、周りの心配をよそに平気で住基法違反を犯し、市民生活のルールも無視したのだから、「自業自得だ」(保守系議員)。議員資格が問われるのは当然である。
 一方、「これはいじめだ」「父親を呼ぶなんてやり過ぎ」という声もある。





 
孑孑の記
  2016/8/22(月)
市税滞納・差押え~税で税を払う不合理


  6月から草加市の小川利八議員の資格審査特別委員会の審査が始まり、同議員に関するいろんな情報が寄せられている。「市税の滞納と議員報酬の差押え」はその一つ。
 個人情報のため行政の人々からは、滞納額はおろか滞納の事実さえ聞くことができない。最高機密かと思えるくらいガードは堅い。これはこれで当然のことだろう。
    ※    ※    ※
 本人に聞くしかないので直接ぶつけた。分かったことは滞納のきっかけ、「滞納がある」「報酬を差押えられている」ことを確認できた。
 始まりは父親の会社の倒産。倒産する前の数年間、会社は社員だった小川議員の厚生年金や市民税の支払いをしなかったのだ。市議に当選して数年後、2000年ごろに両方の督促を受ける。合計で数百万円。
 この時期から議員報酬の差押えが始まったと推察され、実に15年にも及ぶことになる。その後、市税滞納・報酬差押えの状態で市議選を4回。議員が本職で会社役員の報酬は“顧問料”程度と思われる。本人は「贅沢や派手な生活をしてこなかった」という。病弱な妻(離婚したが同居)を抱え、3人の子育てを成し遂げたのだからその通りだろう。
    ※    ※    ※
 しかしである。滞納支払を含めた生活資金の大部分を800万円超の議員報酬-市民の税金で賄っているのだ。報酬は議員活動の対価であっても市民は不合理、不条理とみる。草加市民の平均所得は年300万円台と聞く。このギャップは大きいのではないか。市民だけでなく議員も「市税滞納者が立候補するのがおかしい」と公言している。
 本紙は数年前、近隣市の市議が市税を滞納したまま立候補し当選したことがあり、公租公課の完納を義務付けてはどうかと提案したことがある。報道が事前取材で取組む道もあると考えている。
    ※    ※    ※
 本人によれば、「税額分の支払いは終わり、延滞金分が残っているが、この9月には終わる」とのことだ。その他の借金の差押えの有無は分からないが、市税分が完了するならば、やり直すチャンスではないか。
 資格審査特別委員会が居住実態なしと判定し、本会議でも議決される見通しが強い。議員を失職する。“戦う”方策もあり、復職できる可能性も残っている。が、ここは自ら議員を辞め、全てを清算してゼロにし、「世の中をナメタ」生き様をリセットする好機に思える。

草加市議会 小川市議の資格要件に疑義ありと調査 /埼玉

http://mainichi.jp/articles/20160609/ddl/k11/010/242000c 毎日新聞

 

草加市の小川利八市議(49)=草加新政議員団=について、同市議会は、議員の要件である市在住の実態に疑義があるとして「資格審査特別委員会」(浅井昌志委員長)を設置、7日に地方自治法100条に基づく権限を委任し調査を始めた。

 

 議会事務局などによると、小川市議は5期目。同市青柳に住んでいたが、今年5月初め、同事務局に本人から「自宅のファクスが使えない状態」と連絡があった。同月下旬、近所への住所変更届や住民票の異動が行われたが、異動先の親族から「議員は住まなくなった」との連絡が入るなどとしたため、市は実態調査のうえ、職権で住民票の登録を消除した。市議は今月改めて市内のアパートを住所地として届けた。

 約1カ月間、住所地が不明だった形で、委員会は関係者から事情を聴くなど調べる。小川市議は6日の特別委で「(個人的な)事情で、青柳の自宅に住めなくなった。幼いころから住んでおり、軽い判断から住所変更届をした。誤解を招かぬよう努める」と弁明している。【武田良敬】

女子児童に蹴り 教諭を減給

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20160514/5302761.html                 

2016年(平成28年)5月17日 NHK NEWSWEB

埼玉県草加市の小学校で担任を務めていた男性教諭が児童の腰を蹴るなどの体罰を繰り返し2人にけがをさせたとして、県教育委員会はこの教諭を減給の懲戒処分にしました。

処分を受けたのは草加市高砂小学校で担任を務めていた45歳の男性教諭です。
教育委員会によりますと、この教諭は去年5月、運動会の練習をしていた6年生の女子児童が運動場の砂や小石を触っていたことから、練習に集中していないとして後ろから児童の腰を蹴ったということです。
この教諭は校長から指導を受けた後も体罰を繰り返し、このうち児童2人が腕にあざができたり口の中を切ったりするなどのけがをしたということです。
教諭は臨時の保護者会ですでに謝罪しているということで「自分の指導がうまくいかず、かっとなった。軽くならたたいてもいいと手が出てしまった」と話しているということです。
教育委員会はこの教諭を13日付けで減給10分の1、3か月の懲戒処分にしました。
教育委員会の関根郁夫教育長は「県民の皆様に深くおわび申し上げます。体罰は決して許されないことを再度確認し、信頼関係に立った教育を推進します」とコメントしています。

草加市、Salesforce App Cloud上にマイナンバーカード交付予約システムを構築

草加市、Salesforce App Cloud上にマイナンバーカード交付予約システムを構築 - クラウド Watch

(2016/4/11 12:39)クラウドwatch

株式会社セールスフォース・ドットコム(以下、セールスフォース)は11日、埼玉県草加市が、セールスフォースのアプリ開発プラットフォーム「Salesforce App Cloud」上でマイナンバーカード(個人番号カード)交付予約システムを構築したと発表した。

 2016年1月より開始されたマイナンバーカード交付業務に対し、制度開始直後から短期間で大量の交付が見込まれていたため、大量のマイナンバーカードを効率的に、そして窓口の混乱を抑えながら交付するためには、予約制を採用することが合理的と考えられていた。しかし、そのためには短期間でのシステム構築を行う必要があった上、高いセキュリティ環境という要件もクリアする必要があったという。

 そこで草加市では、同市のマイナンバーカード交付予約システムをApp Cloud上に構築することを選択。約1カ月という短期間での構築を実現した。交付対象者の管理から住民による予約、そしてマイナンバーカードの交付から交付後の完了処理までワンストップで対応可能なため、マイナンバーカードの交付業務が順調に開始できたとのこと。

 また、堅牢かつ柔軟性に優れたセキュリティアーキテクチャを持つApp Cloud上に構築されているので、情報を安全に管理・保管できるとした。

 なお、今回のシステム導入は、セールスフォースのパートナーである株式会社ジーシーシーが担当している。

草加、八潮の消防広域化スタート 現場の隊員増強や救急体制も充実

www.saitama-np.co.jp2016年4月2日(土)埼玉新聞

 草加、八潮両市による消防の広域化が1日スタートし、「草加八潮消防局」が旧草加市消防本部(草加市神明2丁目)に設置された。管轄人口は草加市約24万5千人、八潮市約8万5千人の計約33万人で、県内8番目の規模の消防組織となる。

 管轄面積は約45平方キロメートル。職員数は条例定数331人、実員数は328人。職員実員数では県内7番目の規模。初代消防長には旧草加市消防長の浅井厚紀氏が就任した。

 119番を受信する指令センターは同消防局の発足を見据え、消防救急デジタル無線機能の整備を進めてきた旧八潮市消防本部に設置。広域化後は旧体制と同じ草加市内が1署3分署1ステーション、八潮市内が1署となる。

 広域化に伴い指令センターが統合され市境もなくなるため、災害地点に最も近い緊急車両を出動させることや現場到着時間の短縮が可能に。火災発生直後から必要な部隊数を現場に投入できる。

 高度な資機材の整備や、専門業務に対応できる職員の育成も可能になるほか、総務や予防など事務部門の統合で人員も効率化され、災害現場で活動する隊員を増強できる。広域化後は救急隊が全10隊になり、救急体制も充実する。

 草加八潮消防局の発足記念式典は2日、八潮市の八潮メセナで開催される。

派遣に置き換え進む 小池氏 規制緩和の中止求める

派遣に置き換え進む/小池氏 規制緩和の中止求める  2016年3月31日(木)赤旗新聞

 

 

写真

(写真)質問する小池晃副委員長=29日、参院厚労委

 雇用保険法等改定案が29日の参院本会議で全会一致で可決、成立しました。これに先立つ同日の厚生労働委員会日本共産党小池晃議員は、シルバー人材センターによる派遣事業規制緩和の中止を求めました。

 改定案では、県知事の指定で、シルバー人材センターが行う派遣・職業紹介について労働時間の上限を週20時間から40時間まで緩和します。小池氏は、公務職場からの委託が3割に達し、埼玉県では学童保育指導員など専門的業務まで委託されていると指摘し、派遣への置き換えがさらにすすむ恐れがあると強調しました。

 小池氏が「まず実態調査を」と求めると、塩崎恭久厚労相は「実態把握を実施し、適正な就労環境を確保していく」と答えました。

 小池氏は、安倍首相が請負として行われている「生きがい就労」にも規制緩和が及ぶかのように説明した問題や、国に“運用の範囲内”だと認められたとして埼玉県草加市が上限を週30時間、月15日まで拡大した問題を例に、「誤った理解が広がっているから問題が起きる」とただしました。

 厚労相は、首相発言は「言葉が少し足りなかった。伝えておく」と述べ、厚労省の広畑義久雇用開発部長は、「恒常的に上限を超えて働くのは認めていない。指導を徹底する」と答弁しました。

 

草加での出来事 石鳥弘

平和を願う戦争体験記 「夕焼けはきらいだ」草加文庫より

草加での出来事     石鳥弘 中央一丁目 昭和七年二月八日生

 

 昭和十七年頃の日本軍は破竹の勢いで各地を占領し成果が新聞紙上を賑わしていた。当時私は草加町立草加国民学校(小学校)五年生だった。

 東京都足立区保木間町に高射砲陣地があった。町の人たちは水神の高射砲陣地と呼び親しみを感じていた。

 この部隊は日本一と噂されていた高性能の高射砲(八八式と呼ばれ射程距離一万二千米といわれた八門の砲がスイッチ一つで一斉に火を吹いた)を備え、首都防衛の任にあたっていた。東部第一九〇二部隊第二大隊に属し、昭和十八年十一月二十四日の最初のB29大編隊による本土空襲以来、二十年三月四・十日の東京大空襲まで活躍した高射砲陣地だった。

 当時、兵隊さんが八大車を引いて草加六丁目の商店から食料を調達して兵舎に帰っていく姿は、いつも見慣れた光景であった。旧道と呼ばれている市役所通りの武蔵野銀行草加支店が建っているところに我が家が建っていた。その日は、暑い日の続く夏の昼下がりであったように思う。いつものように八大車の前に二人、後ろに一人の兵隊さんがついて水神に向かっていた。我が家の前を通過するころ、突然後方より大声をあげながら裸で入れ墨をした大男が、日本刀を振りかざして兵隊さんに襲いかかろうとしていた。丸腰の兵隊さんが危ないと子供心に心配しハッとした瞬間、後ろにいた兵隊さんは素早く前に移りなにやら相談した様子、すかさず号令一下、男が右にくれば車を右に、左にくれば左にと旧道をふさぐように車を左右に振って大男を寄せつけない作戦に出た。

 大男が興奮して切りかかっていったのは僅かの時間であった。しかし、大男は車を振られ右に左にと追いかけてくるうちに、足をすくわれ両足を空に向けて転倒し、アスファルト道路に頭を強く打ち脳震とうをおこしアブクを出して気絶してしまった。

 それをみつけた我が家の前の高梨さんの気丈なおばあちゃんは、その大男を自分の家の軒先にひきずって声をかけたりして世話をしてやった。しばらくして気がつき、その大男は照れ臭そうに背を丸めるようにして退散していった。この時すでに八大車も姿をけし、やがて、あたりは何でもなかったように元の静けさを取り戻していた。

 今ではこのおばあちゃんも大男も故人になってしまった。

 この大男は何のため兵隊さんに切りかかったのかは分からないが、長男が戦死したのを恨んで何の関係もない兵隊さんに酒を飲んで襲いかかったのだろうと、この光景を見ていた大人たちがヒソヒソ話をしていた。それが本当だとしたら、この街角でのちょっとした出来事も、この男にとっては戦争がもたらした大きな悲劇ということになるかも知れない。

 

 「東部軍管区情報午前十一時〇分敵機一機南方洋上より房総半島に侵入しつつあり警戒警報発令」四球スーパーラジオといわれた真空管式ラジオから流れるアナウンス。

 数分後不気味な空襲警報発令のサイレンの音、空を見上げているとB29一機が飛行機雲(八千米~一万米に達すると発生する雲)を引きながら悠々と飛来、これを追跡する日本の戦闘機一機、その大きさにカラスと雀ぐらいの違いがあるにしても、期待を裏切りいつになっても追いつけない。やがて東京上空を通過、北東の太平洋上に姿を消す頃、東部軍管区情報が流れ空襲警報が解除。

 十三歳の子供であった私には「なんだ、なんにもしないよ」と機影を追うだけであった。

 ところが、夜になるとB29爆撃機数十機が編隊を組んで首都東京に波状攻撃をかけ焼夷弾の雨を降らせ、一夜に数十万ともいわれている人命が奪われる。昼間の一機は、夜の空襲のための偵察飛行であったのだ。

 そのころ町では、各戸に防空壕という退避壕を作ることが指示され、防空壕を掘ることになった。私の住んでいた場所は、幸手の権現堂の堤防が決壊し、草加町が水没した大水害でも旧道だけが島のようになって水がこなかった程、草加で一番高い所だと聞かされていた。安心して裏庭に穴を掘り始めたころ、意外や意外四、五十センチぐらいからジクジク水が出てくるではないか。浅く掘った穴の周りに杭をたて名ばかしの防空壕を作った。

 昭和二十年五月二十五日夜の大空襲、灯火管制のしかれた真っ暗闇のはずの東京の空がオレンジ色に染まっている。数条の探照灯が機影を照射して捕え、B29目がけて高射砲の猛射、その直後千住方面(四本煙突、通称オバケ煙突)から北の方向にオレンジ色に機体を染めた一機が高度を次第に下げながら飛行、やがて機影は新田あたりで視界からなくなった。あっ、B29がおっこった。新田の方だ、いや、あれは安行だと口々に推量していた大人たち。(B29の墜落場所は草加市新栄町一〇五六中山俊一氏の話によると川口市安行大字吉蔵三六八八木下一夫さんの裏の田圃と脇の畑であったことが分かった)

 翌日母を自転車に乗せ墜落場所へ向かった。数十人の人が見物にきていた。焼け焦げた缶詰が畑に散乱、ふと見ると、焼けてビール瓶のような色になってしまった大男の焼死体、仰向けかうつぶせか分からない。

 私の脇から一人の男が死体を覗き込むように近づいていった、何やら手に持っている様子。死体の頭の(顔)の辺りで、あっヤットコで歯を(金歯だったのか)抜いている。思わず母と顔を見合わせてしまった。ジェラルミンの破片を一つ拾って帰る途中、ふと辺りを見ると農家の人たちが天びん棒を担いで一生懸命行ったり来たりしている。その桶の中を覗くと空色のきれいな液体であった。すぐそばの田圃に落ちた胴体が田圃にめり込み、田圃一面に流れ出て池のようになった航空燃料を他の所に運ぶ光景であった。

 やがて八月十五日終戦を迎え、日本に米軍の進駐が始まったころ、日本軍に撃墜されたB29の搭乗員を手厚く葬り、米軍から感謝状を頂いた記事を読んだことがあった。米兵の歯を抜いた男、鬼畜米英撃ちてしやまん、欲しがりません勝つまではの時代、敵を手く葬った村民。